MENU

最初に利用したのは単に興味からだったのですが、とりあえずメル友や話し相手が欲しいという事で、「ハッピーメール」という出会い系サイトに登録してみました。
そのままの年齢やプロフィールを登録することに抵抗があったので、25歳、家事手伝いということにして登録したところ、何通かメールが届きました。
明らか出会いと体目的の前面に出たメールは気持ち悪くてすぐに閉じたのですが、そのなかで32歳の男性からの「メル友になれたら」というメールを見つけて、この人ならまあいいかな、とメールのやり取りを始めました。

 

メールのやり取りをしていくうちに分かったのは、どうやらその人は、会社では役員で給料はいいものの、若くて収入がいいということで同期や社内の女性社員たちの「あわよくば・・・」という視線や明らかな誘いが嫌で、困っているとのことでした。「地位や金でなく、もっと自分だけを見てほしい。」という気持ちもわからなくもなかったので、お互いの立場からアドバイスや愚痴を言い合ったり、慰めあったりしていくうちに、だんだんと「仲が良い」といっても差し支えのないくらいの関係になっていきました。

 

そのうちに、やはり「会ってみたい」ということになりました。それが何を意味するかはわからない年ではなかったので少しためらいましたが、少し好奇心や相手の人に対する好意があったのも確かなので、OKしました。しかしただ単にOKしてしまったのでは後腐れが出来ても怖いですし、恋人関係になるつもりは全くなかったので、「割り切った関係で、*****円でなら」と、返事をしました。

 

当時バイトもしておらず、ほぼ収入のなかった私にとって、割り切りの関係で得られるその金額は非常に魅力的でした。そのため、同じ人とまた会ったり、またさらに他の人ともハッピーメールの中でやり取りをして、同様に「恋愛感情と後腐れはなし。ただ単に体と金銭を対価にする。」という割り切りの関係を結んだりしていきました。

 

彼氏が出来てしまったため、今ではもうしていませんが、なかなか面白い人に出会えたこともありましたし、その当時は一瞬にして自由に使えるお金が増えたため、非常に自由な生活をしていました。今でも、当時のことを思い出すことが時々あります。

 

未婚・22歳女・学生

 

優良サイトBEST5
出会い系サイトランキング